厳密に考えると投資かどうか微妙なところはありますが、インターネット上で自分自身の判断で様々な銘柄に対して投資をし見返りを考えると言う意味でその1つとして考えられるのがオンラインベッティングになります。

実際には様々なオンラインベッティングの事業者が存在しています。日本では公営ギャンブルとして競馬や競輪、協定が認められているだけでその他の賭け事は公には認められていません。
しかしながら世界で様々な事業者が展開しているオンラインベッティングを眺めてみると本当にいろいろなものが賭け事の対象になっていることがわかります。

プロスポーツやアマチュアスポーツの勝敗だけではなく、選挙の結果、場合によっては株価の想定金額、さらにはちょっとした未来予測なども考えると、ありとあらゆるものが対象になっていることがわかると思います。

そして、日本の事業者では認められていませんが、このような世界の事業者に登録をしてオンラインベッティングを楽しむこと、いわゆる投資として楽しむことについては法律的に禁じられてはいません。

だからこそ、インターネット上でこのような世界のオンラインベッティング同じ業者を探してきて、登録を行うことで楽しむことも可能です。もちろんのことながら日本専用に作られているサイトが多いわけではありませんので英語でなければ楽しめなかったり、日本の法律に基づいて作られていませんので消費者庁が定めるような特商法の定めがなくリスクは自分自身が大可能性があると言うところもポイントになってきます。

そして、日本の事業者では認められていませんが、このような世界の事業者に登録をしてオンラインベッティングを楽しむこと、いわゆる投資として楽しむことについては法律的に禁じられてはいません。

だからこそ、インターネット上でこのような世界のオンラインベッティングの事業者を探してきて、登録を行うことで楽しむことも可能です。

もちろんのことながら日本専用に作られているサイトが多いわけではありませんので英語でなければ楽しめなかったり、日本の法律に基づいて作られていませんので消費者庁が定めるような特商法の定めがなくリスクは自分自身が大可能性があると言うところもポイントになってきます。

しかしながら多少のリスクはあるとしても楽しみながら投資、オンラインベッティングを楽しむことができることを考えれば非常にメリットは大きいのではないでしょうか。もちろんのことながらそれなりの投資は必要になってきますが。